「よみがえれ!宇都宮城」市民の会活動スケジュール詳細

平成28年度 宇都宮城歴史講演会
「八田氏から宇都宮氏へ―中世武士団の成立ー」開催レポート


 平成28年9月4日(日)に毎年恒例の宇都宮城歴史講演会が宇都宮市役所で開かれました。



 会場は,満席になるほど多くの人にご参加いただきました。




 今回は,茨城大学教授の高橋修先生をお迎えし,
「八田氏から宇都宮氏へ―中世武士団の成立ー」と題して,講演していただきました。

  高橋先生は,現在の日本中世の地域社会と武士団の研究や戦国時代の合戦を描いた屏風絵
「戦国合戦図屏風」の研究をされています。
今回の講演では,宇都宮氏は平安後期,院や天皇に奉仕し,また,有力な武家勢力に従い,
京武者として活動していたことや,地方都市・宇都宮においては,政治的主導権を握り,
この地に集住していた領主層を「宇都宮一族」として従属させる体制を確立し,
都市・宇都宮を形成していったことなどを,「吾妻鏡」などに記された記述をひも解きながら解説してくださいました。