「よみがえれ!宇都宮城」市民の会ホームページ サイトマップ 市民の会について
ホームヘ戻る CONTENTS
関東七名城・宇都宮城の紹介
Introduction
宇都宮城のはじまり
関東七名城・宇都宮城
宇都宮炎上・戊辰に燃ゆ
宇都宮城の復元活動について
市民の会について

「よみがえれ!宇都宮城」市民の会 写真&資料館
宇都宮炎上・戊辰に燃ゆ
かつての宇都宮城の周りを囲んでいた
堀の貴重な写真(昭和30年代)
家康の懐刀といわれた本多正純の大改造により1キロ四方もの広さを誇った堅牢な宇都宮城。

1868年に起こった幕末の戊辰戦争で、大鳥圭介や新撰組の土方歳三ら率いる旧幕府軍と新政府軍との激しい攻防の舞台となり、残念ながらその戦火によって建物の多くは焼失してしまいました。

その後、堀や土塁も崩されて、当時の面影をしのぶものはほとんどなくなってしまいました。



宇都宮市制110周年を迎える平成18年度、幕末から約140年の時を経て現代によみがえる宇都宮城。この復元をきっかけにして、市民の皆様に郷土の歴史を想う心もよみがえらせたいと、私たち市民の会では考えています。
<おわり>




宇都宮の歴史と文化財ホームページへ
(別ウィンドウが開きます)
「関東七名城・宇都宮城の紹介」の執筆にあたって、宇都宮市役所文化課にご協力いただきました。宇都宮市役所文化課の「宇都宮の歴史と文化財」ホームページにも宇都宮城に関するページがありますので、是非ご覧ください。 <取材・文/濱野祐二>
お問い合わせ個人情報の取扱い著作権・リンクについて免責事項