宇都宮城の歴史「天守閣はあったのか?」

宇都宮城には「やぐら」がありました宇都宮城に天守閣はあったのでしょうか。
江戸時代のお城の様子を描いた絵図には、天守閣は見当たりませんし、文字で書かれた記録にも記されていません。
発掘調査でも天守閣の跡は確認できませんでした。

今のところ天守閣があったという証拠は見つかっていません。宇都宮城本丸は、将軍が泊まる場所だったので、天守閣より御成御殿(おなりごてん)が優先されたのかも知れません。

宇都宮城の最大の特徴は、天守閣よりも、むしろ御成御殿だったと言えるでしょう。
本丸の西北隅には、清明台という櫓(やぐら)が建っていました。階数こそ 2階建てですが、この部分の土塁は一段と高く、雄大な景観でした。

この櫓が天守閣の代わりをしたとも考えられます。

(「広報うつのみや」より抜粋)
<< 宇都宮城の歴史 その1へ
宇都宮城の歴史 その3へ >>