宇都宮城郭絵図 宇都宮は、
宇都宮城とともに発展してきたまちです。


宇都宮城がつくられたのは平安時代の終わりごろといわれています。それ以来、約800年にわたって宇都宮の歴史の中心となってきました。

その間、宇都宮氏の居城として、地域支配の拠点となり、百人一首の成立にかかわる文化的な城主が住んだこともありました。

戦国時代の終わりごろには、北条氏の攻撃で戦乱の舞台になり、豊臣秀吉の東北地方平定では基地として使われました。

また、徳川秀忠が関が原に向かう出発地となり、さらに、日光社参の際に将軍の宿泊場所となって、釣り天井伝説を生むなど、宇都宮城はさまざまな歴史の舞台となってきました。

宇都宮城は、残念ながら戊辰戦争の戦火にかかって焼失しましたが、今、その一部をよみがえらせる計画が、市で進められています。

そこで、このホームページをご覧のみなさんに、宇都宮城の歴史や復元の意義をお知らせするため、宇都宮城の歴史をシリーズでお届けします。

宇都宮城の歴史について、興味深いテーマをとりあげますので、ご期待ください。

(「広報うつのみや」より抜粋)
宇都宮城の歴史 その2へ >>