「よみがえれ!宇都宮城」市民の会 写真&資料館レポートページ

◆平成27年「宇都宮城址まつり 伝統文化と歴史の祭典」実施報告◆

 宇都宮の歴史と伝統文化を伝える最大のイベントとして「宇都宮城址まつり 伝統文化と歴史の祭典」を開催しました。
 スタートを飾ったのは,10月11日(日)に行なわれた社参ウォーク。日光東照宮の神殿にて,古式に則った参拝をさせていただいた後,日光社参への道のりの一部区間を実際に歩いて再現します。
 参拝後,五重塔前で出発式を行ない,時代衣装を着た事業推進委員と栃木県・宇都宮市ウオーキング協会員合わせて26名が宇都宮市役所を目指して歩きました。


出発式の様子 柿沼副会長によるあいさつ 歩き出した参加者
出発式の様子 柿沼副会長によるあいさつ 歩き出した参加者

 当日は,時折雨が降るなど,決してコンディションのよい状態とは言えませんでしたが,400年の記念の年を迎えた日光東照宮から力をもらい,力強く歩みを進め,無事に約20kmの道のりを完歩しました。


道中の様子 ゴールの様子
道中の様子 ゴールの様子

 続く,16日(金)には,日光東照宮秋季大祭神事流鏑馬の会場で,城址まつりのPRのため,ミニ行列を実施しました。
 城址まつりで行う社参行列の実施に先駆け,当日は45名が行列に参加しました。歩調を合わせ,見事な行列を披露し,訪れた観光客に注目を浴びていました。


富屋地区市民センターでの練習の様子 「下に,下に」の掛け声に合わせて歩く参加者 最後は全員で集合
富屋地区市民センターでの
練習の様子
「下に,下に」の掛け声に合わせて
歩く参加者
最後は全員で集合
 

 18日(日)には,社参行列・城内事業を実施しました。
 前日から準備を行ない,約50名の着付けボランティアが,200名もの参加者に着付けを行ないました。
 城内では,午前9時45分のオープニングステージを皮切りに,ステージ演技やブースでの販売・体験が開始されました。今年は,ステージ14団体,飲食展示ブース24団体,伝統文化体験ブース13団体が参加し,会場を盛り上げました。

ステージの様子 おほり橋には火焔太鼓山車が展示された
ステージの様子 おほり橋には火焔太鼓山車が展示された

 二の丸広場での,和太鼓楽「心響」による太鼓のパフォーマンスに出迎えられ,いよいよ行列が宇都宮城へ到着。木遣り節に導かれ登城しました。

日光社参行列隊が到着 実際の絵巻のような長い列
日光社参行列隊が到着 実際の絵巻のような長い列

 そして,今回新たに作成し,当日配布していた,社参行列の役柄を紹介するパンフレット。手に入れることができたでしょうか。


行列絵巻パンフレット
行列絵巻パンフレット

 みなさんに社参行列の魅力がもっと伝わるよう,さらに良いものにしていきたいと思いますので,楽しみにしていてくださいね。

 秋晴れの下,参加者の皆さんや関係団体の協力により,歴史と伝統文化に楽しんで触れることのできた素晴らしい1日となりました。
 関わっていただいた全ての皆様に感謝申し上げます。ありがとうございました。

<社参行列参加団体等>
公募参加者,宇都宮鳶木遣保存会,栃木県及び宇都宮市ウオーキング協会,宇都宮市自治会連合会,宇都宮商工会議所青年部,(公社)宇都宮青年会議所,宇都宮建設業青年の会,(一社)栃木県造園建設業協会,宇都宮市文化財ボランティア協議会,TBC学院宇都宮本校,宇都宮振武会,宇都宮白楊高校野球部・サッカー部・生徒会,鬼怒中学校,星が丘中学校,陽南中学校,陽北中学校,旭中学校,晃陽中学校の剣道部(順不同)

<ステージイベント出演者>
西地区ひまわり太鼓,さつき中央会,砂田町佐作流お囃子保存会,富屋小・姿川中央小児童,天下一関白神獅子舞保存会,創作 男体雷太鼓,小松流新囃子宇都宮子どもお囃子連,宇都宮鳶木遣り保存会,梯子乗り,瓦谷の神楽保存会,中徳次郎屋台保存会,財団法人無外流「鵬玉会」,装道礼法きもの学院栃木,宗円獅子舞保存会・国本西小郷土クラブ,ひがし子ども和太鼓クラブ(出演順)

<ブース出店者>
栃木県行政書士会宇都宮支部,(有)美月堂,(有)ウスイ,中央地区子ども茶道教室,naocあおぞらきっず,焼きそばキング,MIPERU,宇都宮市女性団体連絡協議会,三栄飯店,インド料理ギタンゾリマハール,わくわくショップU,ふくや料食,ホテル丸治,栃木県街商協同組合,インド料理ダンニャワード,宇都宮新選組同好会,男体食品(男体だんご),宇都宮鳶木遣り保存会,もりあげ亭(中央地区),サトーカメラ,川島水産加工,フタバ食品(株)とんきっき,宇都宮建設業青年の会(出店番号順)

<着付けスタッフ>
宇都宮城愛護会,公募ボランティア,和服愛好会,装道礼法きもの学院栃木(順不同)