「よみがえれ!宇都宮城」市民の会 写真&資料館レポートページ

◆本多上野介正純公を学ぶ市民の会との交流事業報告◆

 本多上野介正純公を学ぶ市民の会とは,同会の設立以来,両市を互いに訪問し,本多正純公親子の人生について様々機会を捉え,考え,学び,意見交換するなど,交流を深めてきました。今回は,理事,事業推進委員,宇都宮城愛護会,一般会員,事務局の24名で,横手市を訪問いたしました。


 25日 午後3時30分〜

 創立10周年記念事業として,横手市出身の宝井琴桜さんによる講談会「上野臺(こうずけだい)の由来 〜実説 宇都宮吊天井〜」に参加しました。
 開演にあたり,多賀糸会長,高橋大横手市長よりご挨拶がありました。
 講談は,2代将軍徳川秀忠公との確執により横手の地に配流され,悲運の死をとげた本多正純公の生涯を辿る内容でした。


多賀糸会長による挨拶 高橋横手市長による挨拶 宝井琴桜さんによる講談
多賀糸会長による挨拶 高橋横手市長による挨拶 宝井琴桜さんによる講談

 25日 午後6時〜

 両会員や来賓の方など50名が参加し,交流会が開催されました。25年2月以来の交流会であり,各テーブルでは,正純公などに関する意見交換が活発になされていました。
 また,佐川副会長よりは,「南蔵院の阿弥陀如来立像と本多正純家」の内容が報告され,会場は大いに盛り上がりました。


挨拶で10年の歩みを語る多賀糸会長 学ぶ会の会員でもある佐藤横手副市長によるご挨拶 挨拶する須賀会長
挨拶で10年の歩みを語る多賀糸会長
 
学ぶ会の会員でもある
佐藤横手副市長によるご挨拶
挨拶する須賀会長
 

佐川副会長による事業報告 各テーブルでの懇談
佐川副会長による事業報告 各テーブルでの懇談

 26日 午前10時〜

 両会の会員が出席し,創立10周年記念式典 献茶式が開催されました。記念式典の前に,両会の代表者により,本多正純父子への献茶を行ないました。
 記念式典では,多賀糸会長によるご挨拶のあと,当会を代表し,高梨理事が祝辞を述べられました。また,佐藤副市長よりもご祝辞がありました。
 式典に出席した参加者には,相伴茶が振舞われました。


両会の代表者による献茶 多賀糸会長による挨拶 当会を代表して祝辞を述べる高梨理事
両会の代表者による献茶
 
多賀糸会長による挨拶
 
当会を代表して祝辞を述べる
高梨理事

佐藤副市長によるご祝辞 記念式典に出席した両会の会員
佐藤副市長によるご祝辞 記念式典に出席した両会の会員

 26日 午後0時30分〜

 式典終了後,本多正純公,正勝公の墓碑参りをし,宇都宮城址まつりが無事終了したことを報告いたしました。
 また,18年7月に植樹したウメモドキは,赤い実をつけていました。
 墓碑は,会員や地元の方などが定期的に清掃しているそうです。

赤い実をつけたウメモドキ 正純公,正勝公の墓碑 墓碑を囲んで参加者全員での写真撮影
赤い実をつけたウメモドキ 正純公,正勝公の墓碑 墓碑を囲んで参加者全員での写真撮影