「よみがえれ!宇都宮城」市民の会 写真&資料館レポートページ

◆平成26年度宇都宮城址まつり事業報告◆

 宇都宮城址まつりの幕開けは16日に,日光東照宮秋季大祭神事流鏑馬会場で,城址まつりのPRを兼ね,ミニ行列を実施しました。
 これは,社参行列が日光東照宮に参詣する道中を意図しています。また,当日は,32名が行列に参加し,隊列を整えながら堂々と参道を歩きました。
 着替え会場には,今年も日光東照宮晃陽苑様にご協力をいただき,スケジュール通り事業を実施することができました。


隊列を整え出立を待つ参加者 「下に,下に」のかけ声に合わせて参道を歩く
隊列を整え出立を待つ参加者 「下に,下に」のかけ声に合わせて参道を歩く

 18日には,日光東照宮の神殿にて,古式に則った参拝と,日光社参の道のりの一部区間を実際に歩いて再現する,「社参ウォーク」を実施しました。
 参拝後,五重の塔前で出発式を行い,時代衣装を着た事業推進委員や栃木県及び宇都宮市ウォーキング協会員など31名が宇都宮城(市役所)を目指し,出発しました。


五重塔前での出発式の様子 宇都宮城目指し日光東照宮を出発(午前9時)
五重塔前での出発式の様子 宇都宮城目指し日光東照宮を出発(午前9時)

 今年は大学生も加わり,日光から今市までの区間を歩きました。
 事業推進委員などは,日光・宇都宮間40キロのうち,21キロの道のりを完歩しました。


今市まで参加してくれた大学生参加者 日光街道を歩く参加者 21キロの道のりを完歩(宇都宮に到着 午後3時30分)
今市まで参加してくれた大学生参加者
 
日光街道を歩く参加者
 
21キロの道のりを完歩
(宇都宮に到着 午後3時30分)

 19日には,社参行列,城内事業を開催しました。
 前日に会場設営や着付けリハーサルを行い,当日は,午前8時より約50名の着付けボランティアが着付けを行い,宇都宮城愛護会がわらじを履かせるなど,スムーズに準備が進みました。

午前8時から着付け開始 宇都宮城愛護会によるわらじの履き方指導
午前8時から着付け開始 宇都宮城愛護会によるわらじの履き方指導

 社参行列には,中学生や社会人まで約300名が参加し,時代衣装を着て,笠,刀などの道具を身につけ,市役所を出発し,オリオン通り,二荒山神社,みはし通りを経由し,宇都宮城に入城するルートを練り歩きました。
 出立時やオリオン通りでは,「下に,下に」と声をかけ,半歩あるきをしました。

市役所を出立し,街なかを練り歩く オリオン通りを足並みを揃えて歩く侍 歴史軸(みはし通り)を歩く殿様
市役所を出立し,街なかを練り歩く オリオン通りを足並みを揃えて歩く侍 歴史軸(みはし通り)を歩く殿様

 宇都宮城への入城後,登城セレモニーでは,鳶木遣節で出迎えた後,まずは,中学生が掲げた宇都宮氏や本多氏など歴代城主ののぼり旗が登城し,その後,半歩あるきで登城する社参行列本体を役柄ごとに紹介しました。


木遣り節を披露し,社参行列の登城を迎える鳶木遣保存会の皆さん プラカードを持ってくれた旭中学校剣道部員
木遣り節を披露し,社参行列の登城を迎える
鳶木遣保存会の皆さん
 
プラカードを持ってくれた
旭中学校剣道部員
 
歴代城主ののぼり旗を掲げてくれた中学生剣道部員 連日参加してくださったウォーキング協会の皆さん
歴代城主ののぼり旗を掲げてくれた
中学生剣道部員
 
連日参加してくださった
ウォーキング協会の皆さん
 
登城する掃除方など 登城する鎧櫃など
登城する掃除方など
 
登城する鎧櫃など
 
登城する立傘や伊達道具鶏柄 登城する殿様など
登城する立傘や伊達道具鶏柄
 
登城する殿様など
 
ステージでの役柄紹介(御蓑箱) ステージでの役柄紹介(供槍持)
ステージでの役柄紹介(御蓑箱) ステージでの役柄紹介(供槍持)

 最後は,殿様の音頭により,全員で勝どきを上げ,会場が一体となって,登城セレモニーは終了いたしました。


殿様の音頭で「勝どき」 「エイエイオー」参加者と来園者が一つになる
殿様の音頭で「勝どき」 「エイエイオー」参加者と来園者が一つになる

 城内の特設ステージでは,太鼓や琵琶などの演奏や演舞などを行ないました。
 模擬店には19の団体が出店し,飲食物の販売や活動展示などを行い,イベント終了時まで,会場は大いに賑わいました。
 また,サトーカメラ蒲lには,社参行列やステージイベントの写真を撮影していただきました。


オープニングを飾った西地区ひまわり太鼓 力強い男体雷太鼓の演奏
オープニングを飾った西地区ひまわり太鼓 力強い男体雷太鼓の演奏

 天候にも恵まれ,また,参加者や関係団体の協力により,宇都宮城の歴史や宇都宮の文化を多くの市民に伝えることができた一日となりました。

<社参行列参加団体等>
公募参加者,宇都宮鳶木遣保存会,栃木県及び宇都宮市ウォーキング協会,宇都宮市自治会連合会,宇都宮商工会議所青年部,(公社)宇都宮青年会議所,宇都宮建設業青年の会,(一社)栃木県造園建設業協会,帝京大学,作新学院大学,作新学院大学女子短期大学部,文星芸術大学,TBC学院宇都宮本校,宇都宮アート&スポーツ専門学校,宇都宮市振武会,宇都宮白楊高校野球部・サッカー部・生徒会,旭中学校,一条中学校,鬼怒中学校,晃陽中学校,宝木中学校,豊郷中学校,星が丘中学校,陽北中学校,陽南中学校及び若松原中学校の剣道部(順不同)

<ステージイベント出演者>
西地区ひまわり太鼓,薩摩琵琶遊英会,神刀無念凱山流,ひがし子ども和太鼓クラブ,装道礼法きもの学院栃木,創作 男体雷太鼓,さつき中央会,津軽三味線初代裕翔会,和太鼓楽(出演順)

<ブース出店者>
わく・わくショップU,畑楽会,中央地区子ども茶道教室,中央地区もりあげ亭,宇都宮市女性団体連絡協議会,へのへの会,からあげしん家,菓子処(有)美月堂,インド料理ダンニャワード,ホテル丸治,ぎょうざの宝永,男体食品 男体だんご,栃木県行政書士会宇都宮支部,宇都宮プライド創造ボランティア,日光東照宮晃陽苑,サトーカメラ梶C栃木県街商協同組合,インド料理ギダンゾリマハール,宇都宮建設業 青年の会(順不同)

<着付けスタッフ>
宇都宮城愛護会,公募ボランティア,和服愛好会,装道礼法きもの学院栃木(順不同)