「よみがえれ!宇都宮城」市民の会 写真&資料館レポートページ

平成26年9月6日(土)開催
宇都宮城歴史講演会の報告


 今回、宇都宮市出身でフリーライターの坂本俊夫先生を講師とし、「宇都宮城主 本多正純公の人生」と題した講演会を開催したところ150名を超える参加者をお迎えし、開催することができました。



 冒頭には、当会の特別会員で本多正純家第14代宗主 木村日出明様よりご挨拶をいただき、参加者の皆様にとっては、本多正純公がより身近に感じられたのではないでしょうか。



 坂本先生による本多正純公の幼少期からの様々なエピソードを交えての講演は、非常に興味深い内容で、特に、本多正純公と将軍徳川秀忠との誤解による確執、そして、出羽の国(現在の秋田県横手市)に幽閉された経緯について具体的で丁寧に解説していただき、参加者からは、「本多正純公の名誉回復を」というような意見も出るなど、会場は大いに盛り上がりました。



 当会では、今後も宇都宮城の歴史を伝え、学ぶ機会を皆様に提供してまいりますので、今後ともご支援のほどよろしくお願いいたします。
 なお、10月19日には、当会の最大のイベント「宇都宮城址まつり」を開催いたします。詳細は、改めてお知らせいたしますので、皆様のご来場を心よりお待ちしております。