「よみがえれ!宇都宮城」市民の会 写真&資料館レポートページ

◆宇都宮城のすす払いと餅つき、門松作りを行いました!◆

中央地区の皆さんと記念撮影

12月17日(土)、中央地区の皆さんと一緒に、
毎年恒例となる宇都宮城のすす払いと餅つき、門松作りを行いました。
(以下、このページではその様子を簡単に写真でレポートします)


当日は、雲ひとつない青空!
子どもたちが一生懸命にすす払いをしてくれました。
青空にきれいになった土塀が映えてきれいです。
愛護会メンバーで準備した紙ヒコーキコーナーは、
子どもたちに大人気です!
お腹がすいたところで…餅つきが始まりました。
子どもたちも、列を作って餅つきの順番待ちです!
城址公園に飾る鏡餅を作ってくれているところです。
つきたてのお餅は本当においしかった…。
食べるのに夢中で、お餅の写真がありません。。。

お腹がいっぱいになって、午後は門松作りです。
小堀さん、鈴木さんにお世話になります。
まずは、三本組みの竹にダンボールを巻きつけます。
次に、わらを巻きつけて、下から順番に、縄を7巻・5巻・3巻させます。
これがなかなか難しそうでした!
最後に、松の枝や南天の枝をバランスよく飾り付けます。
できあがり!素敵な門松ができました!
みんなで協力して、4基の門松を作りました。
小堀さん、鈴木さん、ありがとうございました!

出来上がった門松は、清水門跡・おほり橋に飾りました。
城址公園は、一足先にお正月準備ができました。
愛護会メンバーが協力して作った門松を、ぜひ見に来てください♪