「よみがえれ!宇都宮城」市民の会 写真&資料館レポートページ
◆宇都宮城四季の華遊園−夏−の写真◆

旧暦9月の十三夜である10月23日(火)に、宇都宮城址公園にて「四季に華咲く うつのみやの粋と心」をテーマにした「宇都宮城四季の華遊園-秋-」が開催されました。天候にも恵まれて、夜空に月がくっきり浮かび、イベントは大成功。予想を上回る延べ8000人が来場いたしました。
 
【お月見飾り】
古式ゆかしいお月見飾りが、会場に彩りを添えました。
 
【藤井会長あいさつ】
夕暮れの富士見櫓をバックに、藤井会長の主催者あいさつ
 
【鏡割り】
会場に来たお客さんに、鏡割りしたお酒をお裾分けしました。
 
【ぼうじぼ作り体験】
たくさんのお子さんが参加してくれました。最後には、飾っておいた分まで、欲しがる人へ配り、好評のうちに終了しました。
 
【芋煮】
宇都宮城愛護会が作った、芋煮の配布には、250食用意した分は、予想をはるかに上回る人手で、10分程度で終了してしまいました。
 
【ぼうじぼ体験】
特設ステージに飛び入り参加で、ぼうじぼの実演をしてくれました。
 
【交流会】
横手市「本多上野介正純公を学ぶ市民の会」の佐川副会長(写真中央)初め9名の皆さんをお迎えして、交流会を深めました。
 
【邦楽演奏】
石井小学校と海星女学院の琴部の皆さん、約30名参加して、お月見雰囲気を盛り上げてくれました。
 
【お月見茶会】
地元中央地区の子どもたちによる、お月見茶会が行われ、お月見に彩りを添えてくれました。70席用意したお菓子は、すぐに無くなってしまいました。
 
【飲食コーナー】
予想をはるかに上回る人出で、飲食コーナーは、始めから終わりまで、行列が途絶えることはありませんでした。