◆うつのみや城址まつり2004開催の写真◆


平成16年11月6日に「うつのみや城址まつり2004」を開催しました。このまつりは、宇都宮の歴史を知ってもらおうと平成8年から続いています。

名物となった「時代行列」は、宇都宮城主の入城の様子を参考にしたもので、1863年(文久3年)に宇都宮46代城主・戸田忠恕が将軍の名代として日光参詣のため宇都宮へ入城した際の様子を描いたもの。

行列の出発式では、火縄銃の演武や木遣り、宗円獅子舞などの伝統芸能の披露が行われ、今年の行列には、いよいよ建築が始まる清明台、富士見櫓に使われる木材(柱)のお披露目が行われました。
メインの「時代行列」には、市民およそ150人参加。かつて城があった周辺部およそ1.5kmを練り歩きました。